• Edu-Can!

面接試験のポイントを押さえよう その1

どんな先生になりたいですか?

どんな授業をしたいですか?

子どもとどんな関係性を築いていきたいですか?

このようなことを実際に教員になったときをイメージして考えてみましょう。

そんな自分の考えや思いを書き溜めてみましょう!

すでに学校現場で働いている方であれば、日々どんなことを考え、どのようなことを大切にして子どもと接しているのか、それを書き留めてみるのも良いでしょう。

書き溜める時は、自分の言葉で具体的に書くといいですよ!


#EduCan #教員試験対策


閲覧数:41回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今回のテーマですが、前回に引き続き、面接試験についてお送りします。 前回は面接試験の受け方についてお話ししましたので、今回はその評価です。 面接官はあなたのどこを見ていて、何を知りたくて質問をしているのでしょう? 一言でいえば、一緒に仕事をしたいか、ということです。 面接官が校長ならあなたを自分の学校に連れていきたいか、面接官が企業の人なら、自分の子どもをあなたに任せたいかということです。 暗く、

今回は採用試験の最も重要で配点も大きい「面接」試験についてお伝えしていきます。 最近の採用試験は「人物重視」ということから面接だけでなく、論文、集団討論、模擬授業等様々な形態で試験を行います。 それは、その人がどんな人であるかを判断するためです。 面接は直接話を聞くことができるため、試験の最後に行い、配点も高くし、最終判断の場となっています。 では、どんな準備をすればよいのかというと"教員になった

『面接試験のポイントを押さえよう その1』でお伝えした"教員になった時の自分の考えや思い"は、自分の言葉で話したり書いたりできるようになりましたか? "教員になった時の自分の考えや思い"を持つことは、とても大切です。 自分が理想とする教育を思い浮かべながら、教員になった自分を想像してみましょう。 今回はその"教員になった時の自分の考えや思い"をアウトプットする面接や集団討論等に関することをお伝えし