特別支援学校の仕事

shigoto_s.png
特別支援学校教諭は、さまざまな障害を持つ子どもたちが通う「特別支援学校」の教員です。肢体不自由や病弱な子ども、視覚、聴覚、知的などの障害のある子どもの教育に携わっています。子どもたちは将来的にも地域社会で生活していくことから、また、人権の観点からも社会をよりインクルーシブなものにしていくために、教育をできるだけインクルーシブなものとしていくことが世界の潮流となっています。

特別支援学校教員

​必要な資格

fusenB.png
特別支援学校免許状
shigoto_s.png
介助員の役割は、特別支援学校・学級での子どもたちの給食介助や生活介助・授業の補助などを担うことです。

介助員

※自治体により名称が異なります。

​必要な資格

fusenB.png
特になし
shigoto_s.png
学校経営の専門スタッフとして、学校予算の編成・執行に関する事務、教材・教具、施設・設備の整備計画の策定などの学校の教育課程の推進に必要な人的・物的資源の調整・調達と管理、事務全般に係る提案・助言、学校と地域の連携・協働の推進、経済的に就学が困難な子どもへの就学奨励費などの学習保障の事務、各種証明書発行、教職員給与・旅費事務など多岐にわたる仕事を行い、子どもたちが安心して学校生活を送れるように環境を整えたり、学校を支えています。

事務職員

​必要な資格

fusenB.png
特になし
shigoto_s.png
校務員の役割は、園内の設備や環境を整えて、子どもの安全な園生活をサポートすることです。ドアが閉まらなくなった、鍵がかからない、手洗いの水道が止まらないといったとき、修理を担当。また、大きな破損がある場合の業者の手配、子どもにとって危険な場所や物がないかの点検、校庭の植物の手入れや草刈りなども仕事の一つです。
先生とは違った視点から、子どもたちとかかわる身近な職員として大切な役割を担っています。
※伐採作業等業務内容によって必要な資格があります。

学校用務員 

​必要な資格

fusenB.png
特になし