1次試験(筆記)のポイント

教員採用試験の準備は進んでいますか?

各自治体から採用試験の要項が出ているのをチェックしているでしょうか?

自治体の採用試験に関するページはこまめにチェックしておくとお得な情報もゲットできるかもしれません。


今回は1次試験対策のポイントについてお送りします。

教員採用試験の1次試験は範囲も広く、憲法や法律等もあり、なかなか準備に時間がかかると思います。

そこでいきなり問題集を開くのではなく、まずは問題の出題傾向を把握しましょう。

教育原理は良く出題されるのか。憲法については必ずと言っていいほど出題される自治体もあります。

このような出題傾向を押さえるのがポイントです。


次に問題集の進め方ですが、これまで採用試験を受検し、合格された方たちは問題集を1冊に絞った方がよいと話しています。

1冊を決めたら、それを一通りやってみます。

間違えた問題には赤でチェックを入れ、2回目は間違えた問題だけを行います。

こうして繰り返すことによって、できない問題を減らしていくわけです。

すると、問題集がほぼすべてできるようになっているはずです。

その後はよく出題される範囲を重点的に行ったり、苦手な範囲を克服したりすると自信もついてくると思います。

自分にあった学習方法で効率的に学習をすすめていきましょう!


#EduCan #教員試験対策








28回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

面接試験の評価ポイント

今回のテーマですが、前回に引き続き、面接試験についてお送りします。 前回は面接試験の受け方についてお話ししましたので、今回はその評価です。 面接官はあなたのどこを見ていて、何を知りたくて質問をしているのでしょう? 一言でいえば、一緒に仕事をしたいか、ということです。 面接官が校長ならあなたを自分の学校に連れていきたいか、面接官が企業の人なら、自分の子どもをあなたに任せたいかということです。 暗く、

面接試験の準備 その2

今回は採用試験の最も重要で配点も大きい「面接」試験についてお伝えしていきます。 最近の採用試験は「人物重視」ということから面接だけでなく、論文、集団討論、模擬授業等様々な形態で試験を行います。 それは、その人がどんな人であるかを判断するためです。 面接は直接話を聞くことができるため、試験の最後に行い、配点も高くし、最終判断の場となっています。 では、どんな準備をすればよいのかというと"教員になった

面接試験の準備 その1

『面接試験のポイントを押さえよう その1』でお伝えした"教員になった時の自分の考えや思い"は、自分の言葉で話したり書いたりできるようになりましたか? "教員になった時の自分の考えや思い"を持つことは、とても大切です。 自分が理想とする教育を思い浮かべながら、教員になった自分を想像してみましょう。 今回はその"教員になった時の自分の考えや思い"をアウトプットする面接や集団討論等に関することをお伝えし