その他の​子どもを支える仕事

shigoto_s.png
子どもや保護者、教職員等から相談及びそれに対する助言や配置校の教育相談体制に対する助言等をおこなう。

スクールカウンセラー

​必要な資格

fusenB.png
臨床心理士
もしくは 公認心理士
shigoto_s.png
問題を抱える子どもが置かれた環境への働き掛け、 関係機関等とのネットワークの構築、連携・調整 、 学校内におけるチーム体制の構築、支援 、保護者、教職員等に対する支援・相談・情報提供 、 教職員等への研修活動などが仕事内容となっています。

スクールソーシャルワーカー

​必要な資格

fusenB.png
社会福祉士、精神保健福祉士、臨床心理士のいずれか
shigoto_s.png

献立を決めたり、衛生管理をしたり、食材を選んで注文したり給食づくりを管理する仕事の他、給食を提供している学校で食に関する授業を行ないます。
食に関する指導については、肥満、偏食、食物アレルギーなどの個別指導、学級活動、教科、学校行事等の時間に、学級担任等と連携した集団的な食に関する指導、他の教職員や家庭・地域と連携した食に関する指導を推進するための連絡・調整があります。

①給食管理(衛生、栄養、旬、食文化)
②食に関する指導(学級活動、教科、学校行事)
③個別指導(肥満、痩身、アレルギー、偏食)

栄養教諭

​必要な資格

fusenB.png
栄養教諭普通免許状
shigoto_s.png

献立を決めたり、衛生管理をしたり、食材を選んで注文したり給食づくりを管理する仕事をします。栄養教員と同じく食に関する指導も行います。

①給食管理(衛生、栄養、旬、食文化)
②個別指導(肥満、痩身、アレルギー、偏食)

学校栄養職員

​必要な資格

fusenB.png
栄養士もしくは
管理栄養士の資格
shigoto_s.png
Assistant Language Teacherの略で、外国語を母国語とする外国語指導助手のことです。学校で英語などの外国語の授業を外国語の担当教員とともに補佐して行います。全国の小中高校で約2万人が働いています。JETプログラムによる派遣や自治体の直接雇用など、様々な雇用形態があります

ALT(外国語指導助手)

​必要な資格

fusenB.png
在留資格
shigoto_s.png
司書教諭は、教諭として採用された者が、一定の講習などを受け、資格を取得し、学校図書館資料の選択・収集・提供や子どもの読書活動に対する指導学校図書館の運営・活用について中心的な役割を担います。法律では12学級以上の学校には司書教諭を置かなければならないとなっています。
 

司書教諭

​必要な資格

fusenB.png
教員免許と司書教諭資格
shigoto_s.png
教員としてではなく、事務職員として採用された者が学校図書館に勤務する場合は「学校司書」と呼ばれます。
学校の図書館には、このほかに、自治体などの図書館司書が学校の図書館に配置されることもあります。

学校司書

​必要な資格

fusenB.png
司書資格
shigoto_s.png
「部活動指導員」は、中学校・高校の部活動において、学校長の監督下で顧問の代わりに単独で指導・引率ができる人のことです。部活動の顧問として技術的な指導を行うだけでなく、日常的な生徒指導を行うことが求められています。

部活動指導員

​必要な資格

fusenB.png
資格については
各自治体が規定
shigoto_s.png
ICT支援員の役割は、学校における教育の情報化推進の実務的な支援を行うことです。
先生・生徒のICT教育支援、学校運営と情報管理、ICT環境の運用管理など、教師のICT機器操作の補助や、ICTを活用した授業の打ち合わせなどを行います。

ICT支援員

​必要な資格

fusenB.png
特にはないが、経験とスキル
​があるとよい
shigoto_s.png
スクール・サポート・スタッフとは、先生方の仕事を助ける仕事です。

スクールサポートスタッフ

​必要な資格

fusenB.png
特にはないが、パソコンや事務機器の知識があるとよい​
shigoto_s.png
寄宿舎指導員は、特別支援学校の寄宿舎で舎生と生活を共にし、生活課題を子どもたちと一緒に解決していきます。 舎務主任及び舎監の指導・助言の下、寄宿舎において児童生徒の日常生活の世話や生活指導などを行います。宿直などの業務もあります

寄宿舎教員(寄宿舎指導員)

​必要な資格

fusenB.png
自治体によっては教員免許の所持を求めています。