GIGAスクール構想

GIGAスクール構想は2019年から5年かけて行われる予定だったが、新型コロナウイルス感染症の影響による休校措置などで、教育のICT化の必要性を痛感した人たちの声により前倒しですすめられることなった。


児童・生徒への1人1台端末配備は急ピッチですすめられたことにより、2021年度当初に小・中学校でほぼ完了したといわれている。しかし、校内ネットワーク環境を整備し、端末を必要台数そろえたものの、使いこなせる教職員が少ないことから、ICTサポート体制の充実を望む声が多い。また、情報セキュリティーやリテラシーについての不安の声が聴かれる。


1人1台端末に関わって、デジタル教科書や全国学力・学習状況調査のデジタル実施なども議論されている。