成年年齢の引き下げ

140年ぶりに民法が改正され、2022年度から成年年齢が20歳から18歳に引き下げられることが決まった。


若者の自立や社会参加を促すことになる一方、親の同意を得ずに様々な契約ができることで消費者被害にあう危険も懸念される。消費者リテラシーを高める教育が今後は重要になってくる。